関西花の寺二十五ヵ所
"ユキヤナギ"タグの付いた記事一覧

第8番 應聖寺 4/2開花情報

08-150402-108-150402-208-150402-3

花の種類 サクラ、ユキヤナギ
開花状況 咲き始め

桜、ユキヤナギ、寒緋桜です。1週間遅れて、枝垂れ桜が咲きそろいます。
8日頃ですね。

「年間開花スケジュール」はこちら
■お問い合わせ/應聖寺

2015年4月2日 |カテゴリー: 過去の開花情報 | タグ: ,
no comments


第8番 應聖寺

應聖寺

大小合わせて200本もの「沙羅の寺」

 播州平野北端に位置する應聖寺は大小約200本もの沙羅の木が茂る「沙羅の寺」。 梅雨間近になるとまん丸な蕾が無数にふくらみ始め、次々と純白の花びらをほどく。

應聖寺 沙羅の花は、朝に咲き、夕べには純白の五弁の花が落花する一日花。平家物語「沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす」でつとに知られ、お釈迦様とも深いかかわりがある。お釈迦様の入滅を表現した涅槃(ねはん)図では枕辺(まくらべ)と足辺の四隅に沙羅の木が二対ずつ双樹で描かれている。

 枕辺の木は時ならぬ花を咲かせ、見事な(仏教)の花を開かせてくれることを願う。足辺の木は白変し、悟りを得たお釈迦様ですら涅槃の相を示現なさるのだから我々凡夫の死滅は免れ難い。「だからその日まで一生懸命生きるようにと教えています」と桑谷祐顕住職は話す。

 六月の雨に打たれながら限りなく咲き継ぐ沙羅の花。その根元に散り敷くはかなげな落花。美しくも無常なドラマが、山門の前に、本堂の脇に、そして裏山の詩歌碑林にと、境内のそこかしこで繰り広げられる。

境内は花好きにはたまらない花曼荼羅

應聖寺 應聖寺に一早く春を告げるのは数十本のすがすがしいロウバイの香りだ。仲春の桜やユキヤナギが終わるとアヤメ、フジ、シャクナゲ、ナンジャモンジャ(ヒトツバタゴ)など境内は百花繚乱。

 5月下旬には、先代住職が長年かけて作った涅槃仏のサツキが花開く。これは仏頭と仏足を石で刻み、胴体をサツキで覆った仏様。目を軽くつむった仏様の表情は穏やかで、朱色や桃色のサツキに抱かれるとその顔は一層安らかに見えてくる。
 サツキの名残の花とスイレンの花の頃、江戸時代前期の名勝應聖寺庭園を背後にした中庭は山野草で彩られる。甘い香りをあたりに漂わすのはカシの古木や石灯篭などにびっしりと着生したセッコク。オカトラノオやササユリ、ホタルブクロ、シモツケ、キョウガノコ、ギボウシなどが咲き、境内全体で1000種以上もの山野草が季節ごとにひっそりと花開く。
 名勝庭園は裏山の斜面を築山と見なし、大小の石を巧みに重ね合わせた立体的な構成。晩秋には見事に紅葉したモミジが幾重にも枝を伸ばし、庭園をはじめ本堂や書院までをも染め上げる。

播麿国守護職の祈願所として繁栄

應聖寺 應聖寺は、白雉年間(650年頃)に天笠の高僧法道仙人によって開基されたと伝わる。鎌倉時代中期に祐運大徳によって中興され、南北朝時代には播磨守護職赤松則祐の祈願所として繁栄。江戸時代には姫路城主参詣を仰ぎ、徳川将軍家三代と姫路城主歴代の位牌を安置する。

ギャラリー

第8番 妙見山 應聖寺(おうしょうじ)

住  所
電  話
宗  派
ご 本 尊
拝  観
料  金
交  通

隣接霊場

兵庫県神崎郡福崎町高岡1912
0790-22-1077
天台宗
聖観世音菩薩、薬師如来
9~17時
200円、庭園拝観500円(抹茶、菓子付)
電車=JR播但線福崎駅からタクシー約8分
車=中国道福崎IC北ランプから北西へ約7㎞、P50台
車で高照寺90分、鶴林寺60分


花ごよみ

サクラ・ユキヤナギ・スイセン・サンシュユ
シャクナゲ・ナンジャモンジャ・フジ・サツキ
セッコク
スイレン
サラ
ムラサキシキブ
センリョウ
紅葉
ロウバイ

4月上旬~
5月上旬~
5月下旬~6月上旬
6月上旬~9月上旬
6月中旬~7月上旬
10月上旬~
11月下旬~2月上旬
11月下旬~12月上旬
1月上旬~2月下旬


主な行事

採灯大護摩鬼舞い法要
涅槃会
花まつり会
沙羅まつり
紅葉まつり
天台大師会(大根たき)

2月第1日曜日
2月15日
5月8日
6月中旬~7月上旬
11月下旬~12月上旬
11月24日


周辺の見所

    柳田國男・松岡家記念館 日本民俗学を開拓、確立 させた柳田國男生家は、日本民家の原初形態の造り。自然に囲まれた山腹にある。松岡家の兄弟はそれぞれの道で大成し、隣接して顕彰するための記念館が建つ。車で15分。9時~16時30分、無料、月曜・祝日の翌日休 電話0790-22-1000
    もちむぎのやかた 特産のもち麦を原料にしたもちむぎ麺が味わえる。店内では、もちむぎ麺・どら焼き・せんべい・お茶なども販売している。
    車で20分。9時~17時(土・日・祝日は~19時)レストランは11時~営業、月曜定休日(月曜が祝日の場合は営業し、翌日休業)、電話0790-23-1500
    かさがた温泉 せせらぎの湯 播磨富士の名で知られる笠形山の麓に湧く。展望のよい『みはらし館』と別館『ふところ館』があり、食事処も。車で30分。10~20時、600円、無休 電話0790-27-1919

應聖寺周辺マップ



Back to top