関西花の寺二十五ヵ所
"ナンジャモンジャ"タグの付いた記事一覧

第8番 應聖寺 4/30開花情報

08-150430-1

08-150430-2

08-150430-3

花の種類 ナンジャモンジャ、フジ
開花状況 咲き始め
花の種類 シャクナゲ、アヤメ
開花状況 見頃


ナンジャモンジャが咲き始めました。鐘撞堂の横で少しクリームがかった白い花が人目を引きます。
隣に真っ赤なシャクナゲが咲いており、紅白がなかなか良い景色です。連休間はOK。

フジも咲き始めました。アヤメも駐車場の端から端まで、見事に咲いています。
こちらも、連休間すぎまでOK。

また、5月8日は、一月遅れの花祭りを行います。
生の花で飾った花御堂(はなみどう)は、きれいですよ。甘茶のお接待もあります。ご自由に。

「年間開花スケジュール」はこちら
■お問い合わせ/應聖寺

2015年4月30日 |カテゴリー: 過去の開花情報 | タグ: , , ,
no comments


第10番 摩耶山天上寺 5/30開花情報

花の種類 ヤマボウシ・ナンジャモンジャ
開花状況 見頃

10-130530-1

10-130530-2

10-130530-3



兵庫県で二番目に大きく、兵庫県で一番美しいと言われるヤマボウシの木の花が咲いています。
木は金堂の西側の少し奥まった所にございますので、わかりにくい場合は御供所でおたずねください。

権現社横や金堂の西側、参道などでもヤマボウシが咲いています。

天竺堂のうしろでナンジャモンジャの木が白い花をたくさんつけています。


「年間開花スケジュール」はこちら

■お問い合わせ/摩耶山天上寺

2013年5月30日 |カテゴリー: 過去の開花情報 | タグ: ,
no comments


第21番 當麻寺西南院

當麻寺西南院

双塔を望む小径に700本余のシャクナゲが咲く

當麻寺西南院 境内の表側からでは全く分からないが、書院の奥に山裾を利用した素晴らしい庭園がある。飛び石を巡らせた心字池を中心に、丸形や段刈り込みのサツキ、樹木を斜面にまで植えて山の自然との景観を整えている。庭越しには平安時代初期建立の三重塔、西塔(国宝)が間近に見え、そのたおやかな姿が庭全体を引き締める。そもそもこの庭園は、西塔を借景として設計されたもので、造られたのは江戸時代初期である。

 一段高い所に、庭園を取り巻く小径がある。モミジの古木が幾重にも枝を伸ばし、水琴窟(すいきんくつ)の妙なる音色が響く静謐な道だ。そのみはらし台からは西塔はもちろん、奈良時代建造の東塔(国宝)も見える。近世以前建立の双塔が残る日本唯一の遺構を、モミジの枝越しに眺める。

當麻寺西南院 「寺の外からでは、この絶景は想像できないでしょう。参拝客は自分だけの“隠れ寺”とおっしゃってくれます」と住職の山下真弘さん。

 4月中旬から5月中旬、萌えるような若葉色のモミジの下には、シャクナゲの花が無数に咲き連なる。白や薄紅、紅色……その数は700本から800本ほど。山の神に捧げられ、また祭りの時には山の神から授かるというように宗教的行事に関わるシャクナゲ。つつましげながら、昼なお暗い小径に花明かりを灯すように約1ヵ月間、咲き継いでいる。

色鮮やかなボタンと紅葉も見もの

當麻寺西南院 4月下旬から5月上旬、境内は和傘が差しかけられた約1000株のボタンの花で埋まり、壮麗を極める。同時期、シバザクラやハンカチの木も美を競う。5月下旬から6月上旬は庭園のサツキが一面花色に染まり、花暦は梅雨の花、アジサイにたすきを渡す。

 秋の楽しみは、数多いモミジの紅葉だ。特に樹齢約300年の3本のオオモミジは、緑から赤や黄色などに色を変え、輝くような錦繍で庭園を包み込む。

當麻寺の裏鬼門を千年余り守り続ける

 西南院は古刹・當麻寺の塔頭の一つである。飛鳥時代、當麻寺が創建された際、裏鬼門の守り寺院として建立された。弘仁14年(823)に弘法大師が西南院に留錫し、曼荼羅堂で「いろは歌」を想念。この時から真言宗となって法灯は守り続けられている。
本尊は端正な目鼻立ちの十一面観音菩薩で、聖観音菩薩、千手観音菩薩と共に重要文化財に指定されている。

ギャラリー

第21番 當麻寺西南院(たいまでらさいないん)

住  所
電  話
U R L
宗  派
ご 本 尊
拝  観
料  金
交  通

隣接霊場

奈良県葛城市當麻1263
0745-48-2202
http://taimadera-sainain.or.jp/
高野山真言宗
十一面観音菩薩
9~17時(受付16時30分まで)
300円
電車=近鉄南大阪線当麻寺駅から徒歩15分またはJR和歌山線香芝駅からタクシー10分
車=西名阪道柏原・香芝ICから5㎞または南阪奈道葛城ICから約2㎞、P50台(民営・市営駐車場)
車で石光寺3分、船宿寺30分、長岳寺40分


花ごよみ

シバザクラ
シャクナゲ
ボタン
ハンカチの木
ナンジャモンジャ
サツキ
アジサイ
紅葉
センリョウ
ロウバイ

4月中旬
4月中旬~5月中旬
4月中旬~5月上旬
4月下旬〜5月上旬
5月上旬
5月下旬~6月上旬
6月上旬~中旬
11月下旬
12月上旬~下旬
12月下旬~1月上旬


主な行事

大般若経転読法会

4月第1日曜


周辺の見所

傘堂 体を柱の周囲に触れさせて祈願する、庶民信仰のシンボル。方柱の上に宝形の屋根をのせ、傘の形に見えるのでこの名がある。県指定の有形民俗文化財。徒歩10分。

竹内街道 竹内街道は堺市大小路と當麻長尾神社を 結ぶ、全長26㎞の日本最初の国道とされる。近鉄当麻寺駅より一駅隣の磐城駅から道に沿って30分ほど歩くと、伝統的な白壁が美しい大和棟の民家の続く竹 内集落が現われる。途中には芭蕉が當麻で足を止めて詠んだという『野ざらし紀行』の句「綿弓や琵琶に慰む竹のおく」が刻まれた綿弓塚も立ち、俳句愛好者に よく知られている。作家司馬遼太郎は幼少期をこの地ですごした。車で5分。

高雄寺 役行者が建立したと伝えられる閑静な寺。耳の病や乳の出ない母親にご利益があるという。拝観は前日までに要予約。無料。徒歩20分。

當麻蹴速塚 相撲の起源は、垂仁天皇の時代に行われた當麻蹴速と野見宿禰の力比べといわれている。相撲の開祖、當麻蹴速の塚と伝承する五輪塔が相撲館けはや座の脇にある。徒歩15分。

太子温泉 竹内街道が貫き、万葉ゆかりの歴史探訪の町に湧く。湯の花が岩の湯船につき、いかにも温泉らしい。車で15分。8~21時30分、900円〜、第3水曜休 電話0721-98-4126

當麻寺西南院周辺マップ



第8番 應聖寺

應聖寺

大小合わせて200本もの「沙羅の寺」

 播州平野北端に位置する應聖寺は大小約200本もの沙羅の木が茂る「沙羅の寺」。 梅雨間近になるとまん丸な蕾が無数にふくらみ始め、次々と純白の花びらをほどく。

應聖寺 沙羅の花は、朝に咲き、夕べには純白の五弁の花が落花する一日花。平家物語「沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす」でつとに知られ、お釈迦様とも深いかかわりがある。お釈迦様の入滅を表現した涅槃(ねはん)図では枕辺(まくらべ)と足辺の四隅に沙羅の木が二対ずつ双樹で描かれている。

 枕辺の木は時ならぬ花を咲かせ、見事な(仏教)の花を開かせてくれることを願う。足辺の木は白変し、悟りを得たお釈迦様ですら涅槃の相を示現なさるのだから我々凡夫の死滅は免れ難い。「だからその日まで一生懸命生きるようにと教えています」と桑谷祐顕住職は話す。

 六月の雨に打たれながら限りなく咲き継ぐ沙羅の花。その根元に散り敷くはかなげな落花。美しくも無常なドラマが、山門の前に、本堂の脇に、そして裏山の詩歌碑林にと、境内のそこかしこで繰り広げられる。

境内は花好きにはたまらない花曼荼羅

應聖寺 應聖寺に一早く春を告げるのは数十本のすがすがしいロウバイの香りだ。仲春の桜やユキヤナギが終わるとアヤメ、フジ、シャクナゲ、ナンジャモンジャ(ヒトツバタゴ)など境内は百花繚乱。

 5月下旬には、先代住職が長年かけて作った涅槃仏のサツキが花開く。これは仏頭と仏足を石で刻み、胴体をサツキで覆った仏様。目を軽くつむった仏様の表情は穏やかで、朱色や桃色のサツキに抱かれるとその顔は一層安らかに見えてくる。
 サツキの名残の花とスイレンの花の頃、江戸時代前期の名勝應聖寺庭園を背後にした中庭は山野草で彩られる。甘い香りをあたりに漂わすのはカシの古木や石灯篭などにびっしりと着生したセッコク。オカトラノオやササユリ、ホタルブクロ、シモツケ、キョウガノコ、ギボウシなどが咲き、境内全体で1000種以上もの山野草が季節ごとにひっそりと花開く。
 名勝庭園は裏山の斜面を築山と見なし、大小の石を巧みに重ね合わせた立体的な構成。晩秋には見事に紅葉したモミジが幾重にも枝を伸ばし、庭園をはじめ本堂や書院までをも染め上げる。

播麿国守護職の祈願所として繁栄

應聖寺 應聖寺は、白雉年間(650年頃)に天笠の高僧法道仙人によって開基されたと伝わる。鎌倉時代中期に祐運大徳によって中興され、南北朝時代には播磨守護職赤松則祐の祈願所として繁栄。江戸時代には姫路城主参詣を仰ぎ、徳川将軍家三代と姫路城主歴代の位牌を安置する。

ギャラリー

第8番 妙見山 應聖寺(おうしょうじ)

住  所
電  話
宗  派
ご 本 尊
拝  観
料  金
交  通

隣接霊場

兵庫県神崎郡福崎町高岡1912
0790-22-1077
天台宗
聖観世音菩薩、薬師如来
9~17時
200円、庭園拝観500円(抹茶、菓子付)
電車=JR播但線福崎駅からタクシー約8分
車=中国道福崎IC北ランプから北西へ約7㎞、P50台
車で高照寺90分、鶴林寺60分


花ごよみ

サクラ・ユキヤナギ・スイセン・サンシュユ
シャクナゲ・ナンジャモンジャ・フジ・サツキ
セッコク
スイレン
サラ
ムラサキシキブ
センリョウ
紅葉
ロウバイ

4月上旬~
5月上旬~
5月下旬~6月上旬
6月上旬~9月上旬
6月中旬~7月上旬
10月上旬~
11月下旬~2月上旬
11月下旬~12月上旬
1月上旬~2月下旬


主な行事

採灯大護摩鬼舞い法要
涅槃会
花まつり会
沙羅まつり
紅葉まつり
天台大師会(大根たき)

2月第1日曜日
2月15日
5月8日
6月中旬~7月上旬
11月下旬~12月上旬
11月24日


周辺の見所

    柳田國男・松岡家記念館 日本民俗学を開拓、確立 させた柳田國男生家は、日本民家の原初形態の造り。自然に囲まれた山腹にある。松岡家の兄弟はそれぞれの道で大成し、隣接して顕彰するための記念館が建つ。車で15分。9時~16時30分、無料、月曜・祝日の翌日休 電話0790-22-1000
    もちむぎのやかた 特産のもち麦を原料にしたもちむぎ麺が味わえる。店内では、もちむぎ麺・どら焼き・せんべい・お茶なども販売している。
    車で20分。9時~17時(土・日・祝日は~19時)レストランは11時~営業、月曜定休日(月曜が祝日の場合は営業し、翌日休業)、電話0790-23-1500
    かさがた温泉 せせらぎの湯 播磨富士の名で知られる笠形山の麓に湧く。展望のよい『みはらし館』と別館『ふところ館』があり、食事処も。車で30分。10~20時、600円、無休 電話0790-27-1919

應聖寺周辺マップ



Back to top