関西花の寺二十五ヵ所
"コスモス"タグの付いた記事一覧

第17番 般若寺

般若寺

境内一面にコスモスがそよぐ「コスモス寺」

 奈良坂の古道に沿って立つ般若寺は、いつ訪れても寂寞とした荒涼感が漂い、数多い奈良の古寺の中でも独特の風情を醸し出している寺である。境内は樹木が少ないためか伸びやかで、庶民的で親しみやすい温もりがある。

般若寺 特に9月から10月にかけてコスモスが咲くと、山里の古寺のような和やかさに包まれる。30年ほど前から一隅に植えられていたコスモスが、現在では境内を埋め尽くすほどになり、本堂や石塔を始め、元禄時代作の西国三十三観音の石仏などを取り囲むように咲き乱れる。赤紫やピンク、白などの花々が初秋のそよとの風に頼りなげに揺れる様は、まさに古都の風流韻事。開花期の約1週間だけライトアップされ、闇に浮かぶ幻の花姿に酔いしれる。

平城京の鬼門を守り、学問寺として栄えた

般若寺 般若寺は飛鳥時代に高句麗の僧慧灌(えかん)によって開かれた。天平7年(735)、聖武天皇が平城京の鬼門を守るために『大般若経』を石塔に納めたのが寺名の起こりである。平安の頃には学僧1,000人が集まる学問寺として知られていた。しかし、治承4年(1180)、平家の南都攻めで伽藍はことごとく灰燼に帰した。鎌倉時代、病者や貧者の救済に力を尽くし、福祉の先駆者として名高い叡尊と弟子の忍性によって再興。以後戦国の兵火、江戸の復興、明治の廃仏毀釈と栄枯盛衰を経てきた。

 楼門遺構の日本最古の作例といわれる楼門(国宝)と、総高14.2mもある日本最大の十三重石宝塔(重文)が長い歴史と格の高さを今に伝える。

ヤマブキとアジサイも見応えがある

般若寺 いつ訪れても何らかの花が咲いている般若寺。梅、アセビ、ツバキ、レンギョウと春の花々が咲き継ぐうちに、般若寺の春の代表花、ヤマブキが見頃を迎える。古くから4月25日の文殊会式を彩るヤマブキの名所で、今なお古い築地塀の足元や三十三観音のたおやかな石仏の周りなど、数多くのヤマブキが境内を黄金色に輝かす。

 梅雨空の下のアジサイも楽しみである。そこかしこでアジサイが色付き始める頃、50種・500鉢ほどの鉢植えのアジサイを随所に並べ「富士の瀧」「剣の舞」「七変化」「伊予の盃」など優美な花姿を披露する。

 コスモスが終わり、彩りが寂しくなった冬の境内の片隅でサザンカやスイセンが静かに咲いている。

ギャラリー

第十七番 法性山 般若寺(はんにゃじ)

住  所
電  話
U R L
宗  派
ご 本 尊
拝  観
料  金
交  通

隣接霊場

奈良県奈良市般若寺町211
0742-22-6287
http://www.hannyaji.com/
真言律宗
八字文殊菩薩騎獅像(文殊菩薩)
9~17時
500円
電車=JR・近鉄奈良駅からバス15分、般若寺下車徒歩2分
車=西名阪道天理ICから北へ約10㎞、P60台
車で浄瑠璃寺20分、白毫寺20分、岩船寺20分


花ごよみ

ヤマブキ
アジサイ
コスモス
スイセン

4月中旬~
6月上旬~
10月上旬~
1月上旬~2月上旬


主な行事

中興開山良慧上人忌
文殊会式
非核平和の鐘

3月下旬日曜
4月25日
月6・9日


周辺の見所

    多聞城跡 小高い丘に建つ若草中学校の敷地が、永禄3年(1560)頃に松永久秀が築城した多聞城跡。地形を巧みに利用し近世城郭の先駆だったが、築後14年で織田信長により破壊された。徒歩15分。
    奈良国立博物館 奈良公園内にあり、重厚な欧風建築の本館は重文。仏像美術の収蔵は国内一を誇り、社寺から委託されている文化財も3800点にのぼる。そのうち国宝は173点。秋の正倉院展が有名だが、常設展も見ごたえ充分。車で3分。9時30分~17時、月曜休(祝日の場合は翌日)、500円(平常展) 電話050-5542-8600
    蕎麦の「玄」 奈良町の今西家書院のちょうど裏手にある。石臼でそばの実をひき、つなぎを入れないそば粉100%の味が評判。要予約。日、月曜休 電話0742-27-6868

般若寺周辺マップ

2012年9月23日 |カテゴリー: | タグ: , , ,
no comments


第12番 久安寺

久安寺

密教の曼荼羅浄土にボタンが絢爛と咲く

 「軒反り」という稀有な技法による美しい楼門(国・重文)から、北へ350m、真っ直ぐに参道がのびる。その東側に薬師堂、西側に本堂と阿弥陀如来坐像や薬師如来立像、釈迦涅槃図などを祀る阿弥陀堂があり、四方四仏の曼荼羅に整えられている。

久安寺 さらに、それらの北側には虚空園が広がる。両果(りょうが)の道と呼ばれる参道の東にカエデが生い茂るア字山(生命)、西にバン字(心)池を配し、瞑想する仏の世界を具現化している。

 4月下旬から5月上旬にかけて、バン字池の周辺にはボタンが次から次と花びらをほどき、虚空園を鮮やかに輝かせる。それは、まさに典雅の華に彩られた西方浄土。

 そしてアジサイの植込みが続く参道を進むと、6.4mもの涅槃像を祀る舎利殿涅槃堂である。
 山々を背後にした1万坪に及ぶ久安寺は全域が密教教学の曼荼羅思想による庭になっており、ここに身を置くことで即身に仏性の花が咲くのである。

秀吉とのゆかりもある観光修行道場

久安寺 久安寺は、神亀2年(725)に行基菩薩が開創し、天長年間に弘法大師が再興したと伝わる安養寺を前身とする。久安1年(1145)に近衛天皇の勅願寺となり、久安寺と号するようになった。

 豊臣秀吉が参拝の折に、三光神を祀り、月見茶会も楽しんだといわれる。境内にある参拝記念植樹のカヤの大樹や秀吉腰掛石などが、その歴史を語り継いでいる。
現在、久安寺では一般の人々の仏教徒修行を盛んに行なっている。静けさと緑の気の中で拝み、拝まれる修行道場である。

日本有数の植木産地に位置する「花の寺」

久安寺 摂丹街道(国道423号線)を北へ行き、久安寺を目指していると道路の両側に植木や花卉栽培の畑が目立ってくる。この辺りは日本有数の植木産地である細河地域だ。16世紀初めには既にボタンが大規模に栽培され、江戸時代には各藩大名に親しまれることになってブームがおきたと伝わる。

 こんな土地柄ゆえ、久安寺には境内の環境によく合った草木が数多く植え込まれ、季節ごとに見事な花景色を披露する。ロウバイやサンシュが花暦の1ページ目を飾り、桜、モクレン、ヤマブキなどが仲春を謳う。ボタンとヒラドツツジの花群れが終わると、何種類ものアジサイが境内のそこかしこを青や紫に染める。そして、紅葉の季節、参道は燃え立つ回廊となる。

ギャラリー

第12番 大澤山 久安寺(きゅうあんじ)

住  所
電  話
U R L
宗  派
ご 本 尊
拝  観
料  金
交  通

隣接霊場

大阪府池田市伏尾町697
072-752-1857
http://www.kyuanji.jp/
真言宗
千手観音(秘仏)拝観
9~16時
300円
電車=阪急宝塚線池田駅から5km、バス15分、久安寺下車すぐ
車=中国道池田ICから北東へ約6㎞、または阪神高速木部第1出口から3㎞、P50台
車で法金剛院60分、永澤寺100分


花ごよみ

サクラ
ボタン
シャクナゲ・ヒラドツツジ・オオヤマレンゲ
スイレン
アジサイ・ショウブ・サラ
ハス
スイフヨウ
ヤブラン・コスモス
ツワブキ
紅葉
サザンカ・センリョウ
ロウバイ
ツバキ
サンシュユ

4月上旬~
4月下旬~
5月上旬~
6月上旬~
6月中旬~
7月上旬~8月下旬
8月下旬~9月上旬
9月上旬~
11月上旬~
11月下旬~12月上旬
1月上旬~
1月下旬~2月上旬
2月上旬~3月下旬
3月下旬


主な行事

花供養会(ぼたん中心)
もみじまつり
もみじ茶会
除夜の鐘

4月29日
11月第3日曜
11月23日
12月31日


周辺の見所

    池田城跡公園 戦国の歴史を今に伝える。遺構復元コーナーもある。車で10分、9~17時(4~8月は19時)、火曜休、無料 電話072-753-2767
    水月公園 梅園、ショウブ園が見事。ショウブの見頃は5月下旬~6月上旬。車で10分。 電話072-762-7532
    五月山公園 五月山の山麓から中腹にかけて広がり、ハイキングコース、展望台などがある。動物園や植物園も整備されている。大阪みどりの百選に選定。車で12分。 電話072-751-1005
    箕面公園 紅葉と滝で有名。都市近郊でありながら貴重な自然の宝庫として知られる。車で20分。 電話072-721-3014

久安寺周辺マップ



第1番 丹州觀音寺

青紫、赤紫の花の波…ここは「丹波あじさい寺」

 梅雨時の觀音寺は壮麗な花景色に包まれる。ヤマアジサイやセイヨウアジサイ、ガクアジサイなど約100種・1万株のアジサイが雨に打たれる度に色を変え、谷間の境内は隅から隅まで紫色のグラデーションで染まる。

丹州觀音寺 山道を利用した「あじさい散策道」は花のトンネルと化し、庫裡の縁側に座れば花の波が押し寄るような錯覚に。また鎌倉時代の様式で再建された仁王門に立てば、参道両側に咲き連なる花が万灯のように見える。

 戦後間もない頃、観音様の霊力で眼病が治り、光を取り戻すことができたおばあさんが、山門近くにお礼の気持ちで6株ほど植えたのが觀音寺のアジサイの始まり。約50年前の御本尊御開帳の折り、万灯万華をお供えしようと発願があり、万華の花としてアジサイを多種類植樹したのだという。
 「アジサイの花に惹かれて参拝し、仏心にふれる。萌芽仏心のきっかけになれば嬉しいことです」と言うのは小籔実英住職。住職の詩画を展示する詩風館にこんな詩が掲げられている。「…あじさいは陽のあたるところよりも日陰をこのみ めだって咲くことよりもひかえめに咲くことをこのむ そして大木の下で美しくなる」 。

鎌倉時代、丹波国の仏教の中心寺院だった

丹州觀音寺 觀音寺の歴史は古く、開基は奈良時代にさかのぼる。養老4年(720)、インドの帰化僧、法道仙人が霊木に十一面千手千眼観世音菩薩像を刻み、草堂に安置したのが始まりと伝わる。平安時代、踊り念仏で有名な空也上人が荒れ果てていた寺を復興し、七堂伽藍を建立。鎌倉時代には歴代将軍家より厚い庇護を受け、 25余の寺坊が軒を並べる丹波国の仏教中心の地であった。

 現在、深々とした緑陰に取り囲まれた境内は谷川のせせらぎが響く静寂境。江戸時代に再建された本堂や鐘楼が幾時代にもわたる觀音寺の歴史を伝えている。

しだれ桜やフジ、紅葉も見逃せない

丹州觀音寺 觀音寺の花模様はアジサイばかりではない。1月から2月にかけてはロウバイの甘い香りが境内に漂い、4月初旬にはシダレ桜が大石垣を優美に飾り立てる。さらにツバキや愛らしいスミレ、ニリンソウが咲き、5月上旬には80mの棚にフジの花がたわわになる。5月下旬から6月初旬はハコネウツギやヤマボウシがアジサイ間近を知らせる。

 夏のキキョウやサルスベリ、初秋のコスモスが終わると、いよいよ秋も深まり、錦織りなす紅葉が見ものとなる。樹齢300年のイロハモミジはひときわ美しく、一年最後の彩りとばかりに鮮やかな緋色を放つ。

ギャラリー

第1番 補陀洛山 丹州觀音寺(たんしゅうかんのんじ)

住  所
電  話
U R L
宗  派
ご 本 尊
拝  観
料  金
交  通


隣接霊場
そ の 他

京都府福知山市観音寺1067
0773-27-1618
http://www.tanba-ajisaidera.com/
真言宗
十一面千手千眼観世音菩薩(秘仏 次回ご開帳は平成42年)
9~17時
350円
電車=JR山陰本線石原駅から徒歩15分。
   または福知山駅・綾部駅からバス20分観音寺下車徒歩5分
車=舞鶴若狭道福知山ICから東へ約5㎞、P90台
車で楞厳寺15分、高源寺50分
詩風館 住職の詩画を展示した「心の伝道室」がある。喫茶や軽食がいただける「寺茶屋華縁」は6〜7月上旬のみで、食事は要予約。


花ごよみ

スミレ・ツバキ・サクラ
サツキ・ギンパイソウ・フジ
アジサイ・サラ
キキョウ
コスモス
スイフヨウ
紅葉
ロウバイ
サンシュユ

4月上旬~
5月上旬~
6月上旬~
7月上旬~
9月上旬~
10月上旬~
11月上旬~
1月上旬~2月下旬
3月上旬~


主な行事

大護摩大祭
無縁経
あじさい参詣
千日詣り
水子供養大法要
もみじ参詣
除夜の鐘

2月11日
4月21日
6月初旬~7月初旬※期間中はあじさい饅頭付抹茶あり(500円)
8月9日
8月16日
11月
12月31日


周辺の見所

    福知山城 城内は郷土資料館で、美術館も隣接している。車で13分。9~17時、310円、火曜休(祝日の場合は翌日) 電話0773-23-9564
    福知山温泉 養老の湯 巨石を配した東屋風大露天風呂や檜風呂が贅沢な温泉。韓国式あかすりやマッサージ、食事処もある。車で12分。10~23時、700円、無休 電話0773-27-6000

丹州觀音寺周辺マップ



Back to top