関西花の寺二十五ヵ所

新しい年を迎えて

関西花の寺二十五カ所霊場会会長 北川慈照

新年おめでとうございます。

関西花の寺二十五ケ所霊場は昨年五月、開創二十周年記念法要を高源寺で実施しました。多くの人々のおかげで新緑の美しい高源寺境内一帯で盛大な法要が営まれました。

 この霊場開創以来、霊場それぞれの寺院参拝者を総合計すると百万人を超えたのではないかと存じます。それは私達霊場会寺院住職たちの、花を通して自然の恵みに感謝し、自然と人間の調和を大切にする仏様の教えに近づいていただきたい思いと、花を愛する多くの人々の思いが合わさった結果だと思います。

 昨年は世界各地で異常気象が見られました。これは自然の摂理を無視し、人間の尽きることなき欲望の達成のための産業経済活動による自然破壊がその原因と考えられます。さらにその欲望達成のための攻めぎ合い、すなわち過激な競争社会、それによって生じる格差社会の中で人心の荒廃が進んでいます。「物で栄えて心で滅ぶ」という現状です。このままでは人類の将来が危ぶまれるといわれています。

 今こそ人間をはじめすべての命を慈しみ、尊び、そして自然との調和を大切にする仏教の教えが必要です。
その為の一助として私達花の寺霊場がますます、隆盛することを願ってやみません。
どうか皆さん、花の寺に咲く花(小さな仏様です)に出合いに来てください。

合掌。

2014年1月1日 |カテゴリー: 終了したお知らせ

no comments